水道水で入れたお茶、赤ちゃんには大丈夫?

水道水で入れたお茶は赤ちゃんには大丈夫なの?

赤ちゃんに飲ませるお茶、
水道水で入れたら大丈夫なのか・・・心配ですよね。

 

心配要素としては、「水道水の塩素」
これに尽きると思います。

 

水道水には、必ず「塩素」が含まれています。
蛇口から出る水道水の1リットルに0.1ppm以上という濃度が
法律で決まっていて、これは以下になってはいけないものとされてます。

 

しかし、実際には1.0ppm以上が測定される事が多くて、
高濃度の塩素が含まれていることになります。

 

塩素の害は非常に多くあり、
細胞を破壊やたんぱく質を酸化させる働きがあります。

 

そうした働きから飲料して内臓に傷を付けてそこに例えば
アレルギー物質が入り込めば、おのずと知れた物でしょう。
食物アレルギーの要因になるんです。

 

他には発がん性物質とされるトリハロメタンも含まれてます。
免疫力の弱い赤ちゃんが飲めば、
人によりなんらかの影響が出ることが考えられます。

 

また、胎児の時でもお母さんが水道水を飲み続ければ、
こうした化学物質は胎盤で浄化されることがないので、
臍の尾を通じて、お腹の赤ちゃんへ影響を及ぼすことにも繋がります。

 

飲むだけではなく、お風呂も非常に危険。
肌の細胞を破壊し、保水力やバリア機能を失わせてしまい
肌に傷をつけることでアトピー性皮膚炎を発症するという要因もあります。

 

「煮出せば大丈夫」とお思いかもしれませんが、
実は沸騰直前が一番危険!

 

トリハロメタンが増えるんです。

 

そうしたことで、20分以上沸騰させ続ける事で
安心して飲めるとされていますが、20分も沸騰させ続けていたら
先に水が蒸発してしまい、ガス代もかかりますし毎度手間になります。

 

煮出せば安心!という過信はせずに、
赤ちゃんへのお茶などは、赤ちゃん用で作られているペットボトルか、
ウォーターサーバーや、浄水器で浄水した水などで作ることをおすすめ!

 

湯冷ましなんかも、赤ちゃん用のミネラルウォーターが出ているので
そうしたものを沸騰させたり、電子レンジで温めたのちに冷まして飲ませる等
ひと手間加えた方が安全と言えます。

 

水だけではなくお茶の成分の摂取や味を教えてあげたいと思う気持ちもあります。
赤ちゃんの健康を考えれば、それくらいしないと危険が付きまといます。
ただ、水は生きて行く上でとても大切なものですし、必要不可欠です。

 

安易に考えず、大事に考える必要はあります。
1度よく赤ちゃんの事を考えて優しいお水でお茶を飲ませてあげてくださいね。

赤ちゃんでも安心のウォーターサーバー

女性におすすめのウォーターサーバー

赤ちゃん

 

赤ちゃんも安心のウォーターサーバーはこちら

 

女性美容

 

 

女性にとって嬉しいウォーターサーバーはこちら

関連ページ

水道水を飲まないほうがいい理由は?
日本では蛇口をひねれば水道水が飲めます。簡単に飲めるはずの水道水を飲まない人が増えています。その理由は?
水道水でアレルギー!?その対策は??
水道水がアレルギーの原因となることがあります。その対策とはどうすればいいのでしょうか?
水道水の塩素、健康は守られているのか?
水道水には塩素が含まれています。 それによって健康は守られているのでしょうか?
水道水の塩素は赤ちゃんへどんな影響があるの?
水道水には塩素が含まれています。 その塩素は赤ちゃんにはどんな影響があるのでしょうか?
水道水のカルキによる影響は?
水道水に含まれているカルキ。 体にどのような影響があるのでしょうか?
水道水で作る白湯は赤ちゃんに危険!
赤ちゃんに水道水の白湯を飲ませるのはやめたほうがいいのでしょうか?
水道水で腹痛と下痢に襲われる
急に腹が痛くなって下痢になった原因は実は水道水だった。 なんでなのでしょうか?
なぜ便秘に!?水道水が原因?
便秘解消のためには水分を多く摂取するのは必要なことです。 そのために水道水を飲むと便秘が解消できない。 それはなぜなのでしょうか?