水道水で作る白湯は赤ちゃんに危険!

赤ちゃんに水道水で作る白湯はやめたほうがいいの?

大人も飲みますが、いわゆる白湯。
”湯冷まし”ともいいますよね。

 

白湯なんですが、赤ちゃんへの危険性はどれほどなのでしょうか。
まず、赤ちゃんへの影響としては、

 

  • 皮膚病およびアトピー性皮膚炎の原因
  • 発ガン性物質の危険

 

飲み水として白湯を与える場合には、
こうした影響がないとも言い切れません。

 

免疫力が大人よりも弱い赤ちゃんですので、
新米ママさんなどは心配になることも多いと言えます。

 

 

皮膚病およびアトピー性皮膚炎の原因

 

 

川などから水は作られる訳ですが、
その際に浄水場にて滅菌するにあたって塩素が添加されるのは
多くの方がご存知だと思います。

 

この量は水道水1リットルにたいして、
最低0.1ppm含まれていることが国で定められています。

 

しかし、この上限には決まりが無くて、
ようは、水の原料になる川などが汚染が酷い場合は、
これ以上の添加は当たり前となるんです。

 

地方などであれば多少水質がよいとは言えますが、
いかがでしょうか?都会の水辺はキレイでしょうか?
正直、キレイとは言いがたいところばかりですよね。

 

都市の水道水からはおおよそ1.0〜1.6ppmが検出される事は多く、
この数は少ないとはいえない数値です。

 

塩素は、たんぱく質を壊す作用があって、
細胞を壊す働きを持っています。
そう、私たちの身体はたんぱく質でできていますから。

 

白湯を飲み、残留塩素で傷ついた粘膜から
アレルゲンが浸食することによってアレルギーを引き起こすとされ、
結果、身体にアレルギーを引き起こすというわけです。

 

そのため、アトピー性皮膚炎などが引き起こされる原因として
近年言われる様になり、アトピーから網膜剥離や白内障、
伝染性膿痂疹、と様々な危険が付きまとうのです。

 

 

発ガン性物質の危険

 

 

水を塩素で殺菌すると共に、バクテリアなどを分解する際に作られる
「トリハロメタン」、発ガン性物質です。

 

短い沸騰では除去が出来ない物質なのが難点!
むしろ、短い沸騰ではトリハロメタンが逆に増加するのですから
白湯なんてもう発ガン性物質の宝庫といえます。

 

我が家では、赤ちゃんに飲ませる水はウォーターサーバーから飲ませ、
ここから白湯も作っていますが、
そのまま水道水から白湯を作ったり、飲ませたりするのは怖いですね。

 

大事な赤ちゃんです。
一度改めて考えてみたほうがいいですよ。
「カルキ臭い!」なんて大人が感じる以上に赤ちゃんは感じるものですから・・・。

赤ちゃんでも安心のウォーターサーバー

女性におすすめのウォーターサーバー

赤ちゃん

 

赤ちゃんも安心のウォーターサーバーはこちら

 

女性美容

 

 

女性にとって嬉しいウォーターサーバーはこちら

関連ページ

水道水を飲まないほうがいい理由は?
日本では蛇口をひねれば水道水が飲めます。簡単に飲めるはずの水道水を飲まない人が増えています。その理由は?
水道水でアレルギー!?その対策は??
水道水がアレルギーの原因となることがあります。その対策とはどうすればいいのでしょうか?
水道水の塩素、健康は守られているのか?
水道水には塩素が含まれています。 それによって健康は守られているのでしょうか?
水道水の塩素は赤ちゃんへどんな影響があるの?
水道水には塩素が含まれています。 その塩素は赤ちゃんにはどんな影響があるのでしょうか?
水道水で入れたお茶、赤ちゃんには大丈夫?
水道水で入れたお茶ってなんか美味しくない。美味しくないだけで健康的には大丈夫なのかな?特に赤ちゃんは大丈夫?
水道水のカルキによる影響は?
水道水に含まれているカルキ。 体にどのような影響があるのでしょうか?
水道水で腹痛と下痢に襲われる
急に腹が痛くなって下痢になった原因は実は水道水だった。 なんでなのでしょうか?
なぜ便秘に!?水道水が原因?
便秘解消のためには水分を多く摂取するのは必要なことです。 そのために水道水を飲むと便秘が解消できない。 それはなぜなのでしょうか?